RSS
Admin
Archives

Viva la vida! Cycling Cafe!

坂を登ってる時に、頭の中でかかります。

プロフィール

MasterX

Author:MasterX
ようこそ!当カフェのマスターです。
自転車っていいよね!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.11
02

10月24日は、日帰りで昇仙峡へ紅葉サイクリングへ出かけました。
行ける時にできるだけ行ってみようということです。
天気もまたまた、雨とずれてくれそうです。
ファンライドのムービーで、
今中大介さんの昇仙峡サイクリングがあったので、参考にしました。
胸に脚がつきそうな脅威のポジションに、連れはビックリしていましたな~。

昇仙峡紅葉サイクリング45 


今回は前日の夕刻に、北浦和のスポーツバイクファクトリーさんへ伺って、
連れのインソールを作ってみました。忙しい~!
連れはいまいち、クリートのポジションの感覚が鈍いようです。
はめはずしが上手くいかないときもあります。
足の形のせいもあるだろうと思い、フィット感を高めてみようと思ったのです。


スポーツバイクファクトリーさんです。

昇仙峡紅葉サイクリング2


私が自転車を購入した、田舎の自転車屋には、
このようなハイテク?器はありませんでしたな~。
こんなに住宅が密集した地域には住みたくありませんが、
こんなショップが近くにあれば便利ですね。

昇仙峡紅葉サイクリング3


30分程で完成です。試し履き!
元のと全然違~う!早く試したいとのことでした。
スポーツバイクファクトリーさん、ありがとうございました。

昇仙峡紅葉サイクリング4


連れは、店内に吊ってあった、デローザのプリマトに興味津々でした。
パールホワイトのがかわい~!と行っていました。
乗れるサイズはないんじゃないか? ってか、私が欲しいよ!
そんなこんなで、慌ただしく明日の準備をして、さっさと寝るのでした。

昇仙峡紅葉サイクリング1


本日のコースはこちらです。




朝6時に出発。圏央道と中央高速をつないでとばすと、
2時間ほどで、一宮御坂に着きます。
しかし、、。そこから甲府市内は混んでいて、
本日の出発地点の敷島総合公園まで1時間もかかってしまいました。
甲府って建物も多いし、車も多いですね。
もろ、通勤時間帯だったし、、。

ちょっとさびれた公園に車を停めてスタートです。

昇仙峡紅葉サイクリング5


すぐに、昇仙峡入口に到着してしまいます。
市街地から近い。

昇仙峡紅葉サイクリング7 


ある程度、観光地特有の幻滅感は予想はしていたのですが、
早速、お客の呼び込みをやっていて興ざめです、、。

渓流沿いの道は上りの一方通行となっています。
名前のつけられた岩を観ながらのポタリングペースです。

昇仙峡紅葉サイクリング8


どこらへんが、、?

昇仙峡紅葉サイクリング9


そうは見えないよ~?

昇仙峡紅葉サイクリング10


らくだ岩?どこらへんが?

昇仙峡紅葉サイクリング11


次行こっ。次。

昇仙峡紅葉サイクリング12 


大仏岩、、。そう言われれば、なんとなくね、、。

昇仙峡紅葉サイクリング13


松茸岩、、。

昇仙峡紅葉サイクリング14


もう、別にいいや!

昇仙峡紅葉サイクリング15


お~、お馬さんです。
ちょっと瞳が淋しげです。

昇仙峡紅葉サイクリング16


この辺の紅葉はまだこれからのようですね。
それほど綺麗になるような気もしませんが、、。

昇仙峡紅葉サイクリング17


記念撮影。

昇仙峡紅葉サイクリング18


もう一枚。一度来れば十分だね。

昇仙峡紅葉サイクリング19


昇仙峡の土産物街の呼び込みも、さっさと後にして、
荒川ダムへ向かいます。
気温も暑いくらいになってきました。

昇仙峡紅葉サイクリング20


ここでちょっと休憩。
大黒屋というお店で、ぶどうアイスを買いましたが、
まったく自然の味はしませんでした。

昇仙峡紅葉サイクリング21


ベンチで休んでいると、財布や免許証など入ったバックが置き去りにされていました。
しょうがないので、大黒屋さんに預けに行くと、そこでうどんを食べているお客さんのものでした。
他の観光客も結構訪れていたので、危なかったかも~?
感謝されましたが、お礼はおことわりして、そこを後にするのでした。

昇仙峡紅葉サイクリング22


次はダムの上流の野猿谷林道を走り、御岳林道へ折り返して、
来た道を戻ります。昇仙峡で時間をとったので無理はしません。

昇仙峡紅葉サイクリング23



山間の道っていいな~。

昇仙峡紅葉サイクリング24


昇仙峡より、紅葉も進んでいて、観光客もおらず、ずっといいですね!

昇仙峡紅葉サイクリング26


昇仙峡紅葉サイクリング27


昇仙峡紅葉サイクリング28


林道情報では、車両通行止となっていたのですが、
自転車は通れるだろうと思い、進みます。
車が通らないせいか、埃っぽくなく、落葉がはじに掃きよせられていなくて、
のんびりした感じがとてもいいです。

昇仙峡紅葉サイクリング29


やはり、通行止めでしたが、自転車は大丈夫そうなので、
通過させていただきました。すみません。
道路の崩壊ではなく、崖崩れ工事のようでした。

昇仙峡紅葉サイクリング30


昇仙峡紅葉サイクリング31


昇仙峡紅葉サイクリング32


昇仙峡紅葉サイクリング33


車が通らないと、道の印象がこんなにも違うのか~!

昇仙峡紅葉サイクリング34


御岳林道への分岐です。
この先はクリスタルラインです。走りたい~!今日は時間がありません。
車を停めてのサイクリングだと、コースを組むのが難しいな~。

昇仙峡紅葉サイクリング35


燕岩だそうです。

昇仙峡紅葉サイクリング36


この辺は道路工事中でダートになっており、
少し押しがはいりました。

昇仙峡紅葉サイクリング37


昇仙峡紅葉サイクリング39


昇仙峡紅葉サイクリング38


あの山なんだろう?太力岡山?

昇仙峡紅葉サイクリング40


県道7号との合流地点です。

昇仙峡紅葉サイクリング42


ここには夫婦木神社がありました。
小さいのですが、よく手入れをされた趣のある神社です。
御祭神は、イザナギ神とイザナミ神です。日本を作った神ですね。
せっかくなので、御参りしました。子宝を望む参拝者が多いようです。

昇仙峡紅葉サイクリング41


昇仙峡紅葉サイクリング43 


水で清め、二礼二拍のお参りをしていると、
中から、御巫女さんに声をかけられました。
歳をとられてはいるが、肌がとてもきれいで、
いかにも、神に仕える方といった雰囲気を漂わせています。
裏手にある御神木にお参りしていきませんかということでした。
有料ですが、何か厳かなものを感じたので、お参りすることにしました。

小さめの祠の中には、男性器と女性器を想像させる、不思議な御神木がありました。
再度、二礼二拍のお参りをして、見入っていると、傍らにいた御巫女さんが、
大きな声で、滔々とご利益について説明されはじめ、びっくりしました。

祠の中に入り、御神木の周りをまわることができます。
イザナギ神とイザナミ神は柱の周りを回って、出会ったところで結ばれました。
アダムとイブも木の周りを回りました。そんな考えがよぎります。
今では、いなばの白ウサギとか、八岐大蛇などの神話を知らない子供が多い。
連綿と続いた、国仕掛けの暗示も途切れようとしているのだろう。

連れの方は、祠の中の壁に隙間無く掛けられた、男根の彫刻にびっくりしており、
半信半疑なのか、少し面白がっていたようですが、
こういう時はきちんと神妙な態度で臨まなければならない。
感謝の意を示さなければならないのだ。
そうしないと運をとりこむことができなくなってしまうと思う。

こういう、偶然の出来事が旅の味わいを増してくれますが、
何かのお導きかもしれないですね。
この世に偶然なことなどないと思うのでありました。

昇仙峡紅葉サイクリング44


もう下って帰るだけなのですが、どこかでお弁当にしたい。
昇仙峡の土産物街は避けたいので、
今一度、荒川ダムへ戻って、休憩することとしました。

少し風も吹き付けますが、雲の流れによる明暗の変化を楽しみながらの休憩です。
またもや、バーナーでの温かい飲み物が旅を演出してくれます。

昇仙峡紅葉サイクリング46


さあ、もう終わりだ。今日もよく頑張ったね。
ゴールはすごそこだ。

昇仙峡紅葉サイクリング49


昇仙峡は期待はずれ(期待どうり?)でしたが、
日帰りで組んだプチサイクリング。
楽しもうとする意欲に神様が応えてくれたかな?

昇仙峡紅葉サイクリング50


連れの急遽作ったインソールも効果はあったようで、
フィット感が高まり、クリート位置にも欲求がでてきたようでした。
それに伴い、走りたい欲求も増して来たようです。

“また一歩、自転車乗りに近づけたでしょうか”


2011.10
27

紅葉サイクリング第2弾で~す!

昇仙峡紅葉サイクリング(予告)1

2011.10
27

山間特有の冷え込みを感じつつ、
川の流れる音に雨の音も混じるのを聞きながら、
布団の中でぼんやり目を覚ましました。
はっきりしない頭の中で、午後から晴れるという天気予報を微塵の疑いも無く信じきって、
再び、軽い眠りに落ちました。
さあ、今日はどんな一日になるでしょうか?


ふふふ、、。想像できましたか?


秋山郷紅葉サイクリング(その2)33


本日のコースはこちらです。
たっぷり紅葉を満喫するため、雑魚川林道の往復のみとしました。




朝、温泉に入り、朝食をいただいている時も、雨は降っていました。
少し空が明るくなってきましたし、雲の流れからも、
これ以上は悪くはならないと確信は持てました。
今は寒いけど、徐々に気温も上がっていくでしょう。

秋山郷紅葉サイクリング(その2)100 


チェックアウトまでの間、天気などを確認するためにTVを観ていたところ、
たまたま、テリー伊東が、服のブランドを立ち上げた若月千夏をべた褒めしていたが、
こんな下品な服を着るのは低能のバカだけじゃないのか?と思わせるような代物だった。
キャラクターが家族を構成していくような、廃れた流行りに迎合しているところも哀れだ。
こんなごみくずのセンスを評価するテリー伊東も所詮は底の浅い電波芸人なのだろう。

私は、脳細胞が破壊される感じがして不愉快なので、TVはほとんど見ない。
NHKなど、どの面さげて、今更、日本の将来とか、復興とかの番組を作れるんだ?


本日は雄川閤の駐車場に車を停めてスタートです。宿のすぐ近くです。
雨はあがりましたが、まだ寒いです。気温差がどれくらいになるかな~?
ウェアーの選択に悩みます。寒さに弱い連れは、既に真冬のような装備です。
昨日よりさらにゆるい、10時30半スタートです。

秋山郷紅葉サイクリング(その2)102 


あれ?カメラのセルフスタートの設定が早すぎました。

秋山郷紅葉サイクリング(その2)103 


いい笑顔ですね!

秋山郷紅葉サイクリング(その2)104


もう、いきなり素晴らしい紅葉です。
さすがに秋山郷です。
うかれてしまいます。

秋山郷紅葉サイクリング(その2)105 


秋山郷紅葉サイクリング(その2)110 


今日は、ふんわり、雲のわたがしがかぶさった紅葉になりそうですね。
それもまた良しです。

秋山郷紅葉サイクリング(その2)106 


むふふ!凄いね!

秋山郷紅葉サイクリング(その2)108 


ハアハア言いながら、紅葉に感動しています。
なんだかんだでよくついてくるんだよな~。感心。




しばし、自然の芸術をお楽しみください。

秋山郷紅葉サイクリング(その2)109


秋山郷紅葉サイクリング(その2)11


秋山郷紅葉サイクリング(その2)12


秋山郷紅葉サイクリング(その2)13


秋山郷紅葉サイクリング(その2)14


秋山郷紅葉サイクリング(その2)16


秋山郷紅葉サイクリング(その2)17


折り返し近くには渓谷があるのか、
車で寝泊まりして写真を撮っている方達がいました。
昨晩の雨のせいか、埃っぽさが洗われて、紅葉がきれいな感じがします。
しっとりした紅葉もいいですね。
時折、マイカーや観光バスとすれちがいましたが、
車中からとでは、体感度といい、発見度といい、感動が雲泥の差です。
寒さも雲泥の差ですが、、。

秋山郷紅葉サイクリング(その2)18


折り返しの奥志賀林道との合流地点です。
ちょうど、お昼くらいだったと思います。
この間は、ちょっと先のカヤノ平まで来たんだよ~。
地図が読めない連れに、立体的にイメージできるように説明です。
どちらへ行っても素晴らしい紅葉がありそうだな~。垂涎。

秋山郷紅葉サイクリング(その2)19


ここで、があ子さんを真似して、喜びの表現です。
しかし、があ子さんのイラスト、、。私にはいただけませんな、、。
私はアニメちっくなものが嫌いで、コミケなどの会場は爆破したい衝動にかられるのです。
まったく面識もないのに、本当に失礼ですみません。

秋山郷紅葉サイクリング(その2)22


いいね~!

秋山郷紅葉サイクリング(その2)20


さあ、折り返しです。今度は逆から紅葉を楽しみますよ~!贅沢。

秋山郷紅葉サイクリング(その2)23





秋山郷紅葉サイクリング(その2)24


秋山郷紅葉サイクリング(その2)25


紅葉と滝を望めるポイントでお弁当としました!

秋山郷紅葉サイクリング(その2)29


昨日より寒い今日は、バーナーでの温かいお茶が身にも心にもしみますね。
定番になりそうな予感です、おすすめ!旅度アップです!

秋山郷紅葉サイクリング(その2)26


秋山郷紅葉サイクリング(その2)27



秋山郷紅葉サイクリング(その2)28





秋山郷紅葉サイクリング(その2)30


至福ですね!

秋山郷紅葉サイクリング(その2)31


これまで、カメラの携行に何か良い方法はないかと模索していて、
今回、試したのが、モンベルの大きめなポーチです。
自分としては自転車のフロントバックは使わないし、
走りながらも、さっと取り出して撮影したいので、身につける形となります。
単純に首からぶら下げですと、背中にまわせないときはぶらぶら揺れてしまいます。
腰回りはペダリングの邪魔になるので不快です。
もうちょっと、GR専用にフィット感が欲しいところですが、
使い勝手はまあまあだったので、しばらく試そうと思います。

秋山郷紅葉サイクリング(その2)32


秋山郷紅葉サイクリング(その2)34 


雑魚川林道は山間を縫う、適度なアップダウンの道でした。
どちら側から走ってもきつさは変わりませんね。
新緑の季節にまた来るべしです。

本当に素晴らしかった!

3時頃、駐車場に戻ると、FM長野に取材されました。
その後、足湯で温まって、後片付けをして、秋山郷を去るのでした。
下界の津南町は晴れていました。

またしても余談ですが、
塩沢石打までの道中は、工事で片側誘導をやっている箇所がいくつかありました。
いつも気になるのが、交通誘導員で働く人に女性が多くなったことです。
私は、女性にこのような仕事をさせてはいけないと思っています。
トイレはどうするんだろう?
埃っぽくなって大変だろうな?
暑さ、寒さは、、。
女性らしさの側面を憂いてしまいます。
男性として、女性への尊敬の念の欠如に責任を感じてしまうのです。

「女性らしさ」という観点で、朝のTVの若月千夏とのことでリンクした考えがありました。
昔、細木数子やタッキーがやっていた番組で、若月千夏は細木数子に厳しく説教されていました。
それに対して、若月千夏が憎まれ口をたたきながら反抗していた姿を思い出したのです。
私は占いには関心がありませんが、細木数子の説く、男や女の在り方には共感を持っています。
「差別」ではなく「区別」という正しい感覚を持って、男女の「らしさ」を説いているからです。
細木数子に叱責され、反論したり、腑に落ちない不満な表情をあらわにする女のほとんどは、
愛されない女だな~と思わせたものです。
最極に存在する、ジェンダーフリー論者の女が、愛されそうもないと感じるのは私だけではないのでは?

そもそも、男女共同参画などは、夫婦を別々に働かせて、それぞれから税金をとってやろうと、
画策されたもので、ものの見事に策略に嵌った愚か者だということに気づいていないのだ。
女性の交通誘導員の例は、厳しくなった経済生活が背景にあるとは思うが、
そんなジェンダーな思想が、社会の風潮を構築した結果として、
それを容認する一助となったとすれば、罪深いことだと思う。

また、その「らしさ」の希薄化により、子供の躾が親から離れだし、
学校での「自由」「平等」「人権」「個性」といった毒の教育にされされると、
「自我の抑止」の教育が欠如された人間が多く育ってしまう危険がある。

私は、若月千夏に関心はなく、彼女のことを詳しく知っている訳ではないが、
その反抗的で無礼な態度に、その象徴的な要因を感じてしまったのである。

次の一説はある博士の言葉の引用なのだが、まさにそのとうりだと思う。

日本はいま、子供や青年たちに「自分」ということを早く教えようとしすぎている。
こんなものはなるべくあとで気がつけばよいことで、幼少期は自我の抑止こそが一番に大切なのである。
自分がでしゃばってくると、本当にわかるということと、わからないということがごちゃごちゃになってくる。
そして、自分に不利なことや未知なことをすぐに「わからない」と言って切って捨ててしまうことになる。
これは自己保身のためなのだが、本人はそうとは気づかない。
こういう少年少女をつくったら、この国はおしまいだ


年長や知恵ある者の諭しの言葉に、すぐに真っ当そうな屁理屈をこねて反抗して、
自己正当化を図る人間のなんと多くなったことか、、。

これでは、言葉の奥に含まれる真意を探ることもできずに、
学んで成長することができない人間になってしまう。
そんなバカな親がさらにバカな子供を育ててしまうのである。

人間にはそれぞれ与えられた制約(個性)があるのだ。
己を知って、その制約に立ち向かい、克服し、自分らしさを表現できたときに、創造の喜びがあるのだ。
自我の抑止は美を産むための準備なのである。いきなり桜の花は咲かないのだ。刀は鍛えられないのだ。

ま、交通誘導員や若月千夏のことで、ここまで考えを広げなくてもいいか、、?

そういえば、連れは自転車の乗り出し時に、邪念がたくさん頭をよぎると言っていました。
今回は、直前でTVで観たゆうこりんがとてもかわいらしく思えたことが気になっていたとか、、。
詳しい訳は聞かなかったが、ゆうこりんも細木数子に説教されていたな~。
彼女の場合は、理解しようと神妙そうだった気がする。
今では、料理の勉強などに一生懸命取組んでいるようだとか、、。
健気なことではないか。

そのうち連れは、素晴らしい紅葉に邪念を溶かされてしまい。
偉大な自然の中にいるちっぽけな自分を感じたのだそうです。

自然は素晴らしい。自我の抑止の感覚を教えてくれ、謙虚な気持ちにさせてくれるだろう。

“また一歩、自転車乗りに近づけたでしょうか?”


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。