RSS
Admin
Archives

Viva la vida! Cycling Cafe!

坂を登ってる時に、頭の中でかかります。

プロフィール

MasterX

Author:MasterX
ようこそ!当カフェのマスターです。
自転車っていいよね!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.11
06
2010/11/5 まさに見頃でした。!

やっと休日と晴れが重なりました~。
FCYCLEさん方の紀行記に触発されて、
私も紅葉サイクリングに行ってきました。
行程はこちらです。



私はFCYCLEの高地氏のHPをよく拝見させて頂いています。
氏の紀行記を見ては、あ~私もここを走ってみたいと妄想サイクリングをしてきたのです。
私は自転車歴3年目と日が浅く、はじめはヒルクライムイベント等に参加していましたが、
美しい景色の中を走りたいだけで、特に競技自体には関心がない自分を自覚しました。
近くの奥武蔵周辺は走りあきたので、さらなる行動範囲の拡大をと考えていたのですが、
なかなか初めの一歩が踏み出せないでいました。まだ輪行もしたことがありません。
キズ、混雑などが怖い、いわゆる、輪行恐怖症でもあります。
ですから、FCYCLEさん方のように輪行を駆使した自由な旅の仕方に憧れていたのです。

今回は初輪行も考えたのですが、私の住まいから湯西川温泉駅へ向かうには、
一旦、大宮や春日部へと、マイナス方面へ乗り継がなければなりません。
栗橋まで自走することも考えましたが、平日の帰宅ラッシュが恐ろしく、
いつもの車移動にしてしまいました。課題が残されました。

湯西川温泉駅より。道の駅と併設されています。
途中の標示に、”日塩もみじライン紅葉見頃”と出てました。
紅葉サイクリング(安ヶ森林道)1

紅葉サイクリング(安ヶ森林道)2

台風後だったので、マッドガードも装着。
ロード用の小さめのものです。
ブロックで舗装を走りたくないから、タイヤもオンロードのままです。
しまった林道なら問題ないでしょう。たぶん。
紅葉サイクリング(安ヶ森林道)3

今回、初めて実戦投入のナビです。
ハンドルに付けた小型バックにはモバイルブースターが入っており、
バッテリーが切れかけたら、充電しながら走るつもりです。
なかなか見やすくて良い感じですが、このマウント方式では、フロントバックは付けられません。
ステムへセンターマウントし、ブースターもステムに埋め込みのような商品が欲しいものです。
帰りが暗くなるとやばいので、ライトも装着しましたが、自分の存在を知らせるだけの灯りですね。
FCYCLEのAyakoさんがブログに記したヘッドライトが気になります。
紅葉サイクリング(安ヶ森林道)4

県道249号沿いの紅葉に期待が高まります。
いい天気だ~。気温は10度に達しておらず、肌寒いですが、
5度近くまで下がらなければ快適です。
レイヤリングって悩みますよね。
体全体を適温にシールドしてくれるような夢の商品が欲しいな。雨もしのげて。
紅葉サイクリング(安ヶ森林道)5

紅葉サイクリング(安ヶ森林道)7

沿道のわき水。
紅葉サイクリング(安ヶ森林道)6

水の話ですが、支那中国ではほとんど飲料に使える水は無く、地下水も汚染されているそうです。
揚子江は世界最大のドブ川と化し、TVでは報道されませんが、重慶では恐ろしい原油流出により、
沿岸も汚染されてしまっているという。共産主義には共生という概念がないのだろうか。
その支那人が日本の水資源を買い漁っているという。北海道の広大な土地も買われてしまったらしい。
、、などとしばらく考えながら自転車を漕ぐ。
また、紅葉の山間を貫く高架道路を、ダイナミックに建設中だったが、
紅葉を楽しむ為の道路を、紅葉の山を崩して建設する感性はいかがなものか?
、、などとしばらく考えながら自転車を漕ぐ。
とにかく、久々の天気と自転車。漕ぐだけで幸せです。

そんな悦楽と思考を繰返しながら、安ヶ森林道への分岐へと到着。
安ヶ森林道を安田美紗子林道と、独りでダジャレっているのは、
気分の高揚のせいだろうか?オヤジなだけだろうか?
安しかあっていないが、、。
紅葉サイクリング(安ヶ森林道)8

安らぎの森キャンプ場にて。
紅葉サイクリング(安ヶ森林道)9

紅葉サイクリング(安ヶ森林道)10

足下はジワジワ寒くなるだろうから、インナーソックス着用しました。
こういう、末端の寒さに完璧に応えてくれる商品が早く出てくれないものだろうか?
紅葉サイクリング(安ヶ森林道)11

安ヶ森林道起点です。
舗装されてて走りやすいな~。寒さと紅葉の加減が丁度良い!
紅葉サイクリング(安ヶ森林道)12

栃木県側の紅葉です。
紅葉サイクリング(安ヶ森林道)14

紅葉サイクリング(安ヶ森林道)15

紅葉サイクリング(安ヶ森林道)16

紅葉サイクリング(安ヶ森林道)17

紅葉サイクリング(安ヶ森林道)18

紅葉サイクリング(安ヶ森林道)19

紅葉サイクリング(安ヶ森林道)20

紅葉サイクリング(安ヶ森林道)21

紅葉サイクリング(安ヶ森林道)22

紅葉サイクリング(安ヶ森林道)23

肌寒くて、鼻水が勝手に流れるし、背中のザックの重さで、坂を苦労もしてるのに、
この素晴らしい自然を体感していることに、顔の筋肉が無意識に緩んでしまいます。
時々、奇声もあげちゃいます。

そうこうしているうちに、安ヶ森峠到着。しばし休憩です。
紅葉サイクリング(安ヶ森林道)24


その2へ続く。


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。