RSS
Admin
Archives

Viva la vida! Cycling Cafe!

坂を登ってる時に、頭の中でかかります。

プロフィール

MasterX

Author:MasterX
ようこそ!当カフェのマスターです。
自転車っていいよね!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.05
31

5/30は久しぶりにカフェめぐりをしました。
さいたま市にある、カフェ、ラマーノへ行ってきました。

白の漆喰とこげ茶の木材で作られた建物は、間取りが良く、
とてもオシャレで品が良く落ち着いています。
やわらかい灯りと自然光とのバランスの中に、
古いミシンを利用したテーブルと、適切なアンティークの飾り付けがされ、
外の住宅街を忘れさせる、欧風な重厚さと落ち着き感を醸し出しています。
完璧なイメージの設計が読み取れますが、
作られた感を感じさせない自然なところがすごいです。

料理の味も、さりげなさの中に、驚くバランスの完成度が秘められていて感動しました。
「完璧なのに自然」なのです。それでいて「個性」もある。
このお店の人はわかっている!と心の中で唸りました。
そういうマインドの高さを、カフェという落ち着きを通して提供している。
ここまでくると芸術ではないでしょうか?

 Cafe la mano 13

 Cafe la mano 15

 Cafe la mano 14

 Cafe la mano 12

 Cafe la mano 5

 Cafe la mano 10

 Cafe la mano 4

 Cafe la mano 2

 Cafe la mano3

 Cafe la mano 9

 Cafe la mano 8

 Cafe la mano 11

 Cafe la mano 7

 Cafe la mano 17

 Cafe la mano 18

 Cafe la mano 19

 Cafe la mano 20

 Cafe la mano 21

 Cafe la mano 1


スポンサーサイト
2011.01
16
2011/1/15.16. 一応、サイクリングもしました。

走りに行きたいけど、連れの防寒用具を揃えたりしなければならないので、
15日は越谷レイクタウンのモンベルまで、アンダーの下見に行きました。
私の購入した、ジオラインのアンダーがとても暖かったので、。

途中、カフェ温々さんに寄りました。
ここのガラス器や陶器は良いですね。気に入ったグラスがあったので、今度行ったら買いたいです。
自転車で行ける良い道はなかなかありませんね。残念。

温々&SHIBAKEN1

温々&SHIBAKEN2

レイクタウンは人が多かったな~。苦手です。

モンベルの品揃えは良かったです。羽生よりずっといい!
連れは、今季は気に入ったジャケットがないのであきらめて、
ジオラインの厚手のアンダーを試しておりました。

他にも、フリースのような起毛のサイクルタイツが気に入ったようです。
そういう素材はスマートさに欠けるのでは?と意見を述べましたが、
寒さに背に腹は代えられないそうです。

0°~5°くらいの気温に対応する女性用のタイツって少ないですね。
パールのようにださいラインの入ったウェアーは身につけたくないそうです。
配色がジャイアンツのユニフォームみたいで、ウルトラマンのようなデザインだと申しておりました。
反射素材のレイアウトなんてどうでもいいと思いますね。デザインの発想が平面的。
でも、パールをはずすと選択の幅が、。消去法でパールです。ボロクソですね、すみません。

16日は自転車にのって、サイクリングがてら、戸田のカフェSHIBAKENさんに行きました。

じつは私、荒サイを上江橋より下流に下ったことがありません。
建物が増えるにつれ、都心に近づくにつれ、不快な周波数を感じ始めるからです。都会には住めませんな~。

サイクリストが沢山いるだろうし、走ってれば勝手に東京湾まで出るだろう?ぐらいに思っていましたが、
気温と風のせいか、指扇を過ぎたあたりでほとんど自転車を見かけません。
みなさん、お家の方へ散って行ってしまうからでしょうか?
しかもサイクリングロードは途切れるわ、車止めは執拗にあるわで、スムーズに進みませんでした。
ナビは目的地セットしかしていないので、幹線道路に戻ろうとするガイドばかりしてました。役立たずです。

なんとか彩湖につくと、サイクリストがうじゃうじゃとたむろしていました。
湖の周りを周回しているようです。

目的のカフェは戸田の市役所の近くなのですが、そこまでの道は、田舎者には走りづらかったです。
自転車で気持ちよく行けるカフェって少ないな~。

カフェの方は、街角にさりげなくある感じで好感がもてました。田舎のいかにもとは違う。
かわいらしい店内にかわいらしい音楽、連れのお気に入り度は高かったようです。
あまり力の入りすぎていない自然なところがオシャレですね。
食事も美味しかったですよ。自転車では二度と行きたくありませんが、、。

温々&SHIBAKEN3

温々&SHIBAKEN4

温々&SHIBAKEN5

温々&SHIBAKEN6

帰りは連れの風よけ役です。鼻水がたれました。



2010.12
27
2010/12/26 良い天気でしたが、自転車は控えました。

連れのひざはほとんど痛みがなくなりましたが、
もう少し大事をとって、本日はカフェめぐりとしました。

午前中は吉見運動公園でシクロクロスのレースを見学。

Cafe Blossom1

お~、雑誌やブログで見る有名な方が沢山いる~。
クライマークライマーの◯持さん。女子MTBの片◯さん。などなど、、。

そして、こ、この自転車は~!
私の注目No1自転車です。ということは、この方が~!、。

Cafe Blossom2

皆さん、遠いところから、こんな運動公園まで集まるんですね。熱い。
会場の雰囲気はとてもいい感じですね~。
シクロクロスって面白い。ヨーロッパで人気なのも分かります。

それにしても、みなさんお金かけてますね~。
いろんな自転車にいろんなウェアーがあってあきません。
白いジャージって汚れが落ちるのでしょうか?

連れの方も、初めて見る自転車競技が新鮮のようでした。
「まだ、こんなスピードで走ってる」とか、
少しでも自転車を体験している者の感想を発しています。

最後まで観てると日が暮れてしまうので、トップカテゴリーを観たら退散しました。
向かったのは佐野市にあるCafe Blossaomさんです。こちらは日曜日しかやっていません。

Cafe Blossom3

Cafe Blossom4

西部劇に出てきそうなロケーションです。
そんなアメリカの肉料理を暖炉でローストして作ってくれます。

Cafe Blossom9

Cafe Blossom5

Cafe Blossom6

Cafe Blossom7

Cafe Blossom8

Cafe Blossom10

暖炉で焼くローストビーフという謳い文句につられてきたのですが、
外食以外でほとんど肉を食べない私には、ヘビーな食事でした。
こういうレアな肉を食べてきた民族って、日本人とはメンタリティーが違うよな~とか思いつつ、
暖炉の温かさに包まれながら、アメリカンカントリーの雰囲気を味わいました。
でも、サイクリングの途中に摂る食事ではありませんね。
あと、パンがとても美味しかったです。おすすめ!

それと、ここはペットと一緒に食事ができますが、私にはNGですね。
「かわいい~!飼いたい~!」という言葉に表れる、軽い思考癖に戦慄を覚えます。

次回は走り納め。FCYCLEさん方にならって、房総にいってみようかと思っています。
風が弱けりゃいいんだけど、、。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。