RSS
Admin
Archives

Viva la vida! Cycling Cafe!

坂を登ってる時に、頭の中でかかります。

プロフィール

MasterX

Author:MasterX
ようこそ!当カフェのマスターです。
自転車っていいよね!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.07
26
Category : 未分類

しばらく、、というか、、。
まったく更新していませんでしたが、
実は色々やっていました。
毎日のように本を読みあさったりしていると、
PCに向かってブログを編集する時間がないのです。
結構、時間がかかる作業なんだよね。
というより、性に合わないといった方がよいか?


お伊勢参りに行ったり。

お伊勢参り1


お伊勢参り2



キャンプに行ったり。

戸隠キャンプ1


戸隠キャンプ2

猿ケ京湯島キャンプ1



トレッキングをしたり。

戸隠キャンプ5


戸隠キャンプ4


戸隠キャンプ3



カフェめぐりをしたり。

群言堂1


群言堂2


月のうさぎ1


月のうさぎ2


阿佐美冷蔵1


阿佐美冷蔵2 


OMOYA1


OMOYA2



美術展に行ったり。

草間弥生1



もちろん、自転車に乗ったり。

龍勢1


釜伏峠1


ポピー畑1 



いきつけのお店で旅の相談をしたり、、。

ちゃんぷる1


サッカール1


ダンデ1



と、まあ、
いつものように過ごしていました。
311以降、あいかわらず理不尽で不可解な社会ですが、
楽しんで生きて行くしかないですね。

スポンサーサイト
2011.08
17
Category : 未分類

大東亜戦争の世界史的な意義は、
白人の無慈悲な植民地政策に終止符を打ち、
アジアの独立を促したことに尽きると思う。
有色人種は奴隷ではない。白人は万能ではない。
ということを、日本人が世界に知らしめたのだ。
この歴史観が欠如した大戦論に意味は無い。

もう一つあげるならば、有色人種を原爆の実験に使ったという点だ。
これも忘れてはならないと思う。

特攻隊員など、前線で戦った日本兵士の、その精神の高邁さには本当に心が打たれる。
今でも日本に感謝するアジアの人々は沢山いるのだ。涙なしでは聞けない話ばかりだ。
なぜ、教科書で教えないのだ!と、つい怒りがこみあげてしまう。
このような事実を持って、日本を美化し、誇りに目覚めようとする考えには共感できるが、
少し極論すぎて浅はかに感じるので、もう少し深く考えてみた方が良いと思う。
なにも、ばか左翼の平和論に組する気はまったくない。

先の大戦は猛烈な白人の悪意によって仕組まれた戦争とはいえ、
末端で戦った国民に対して、皇室、軍部、財閥に、どれほど、
大東亜共栄圏の理想と八紘一宇の精神が宿っていたかは疑問である。
日露戦争の勝利に酔って醸成された日本の負けない神話。
硬直した官僚体質によるまずい作戦が、戦況を悪化させ、優秀な戦士を失わせ、
責任の所在を隠す為に、負けても勝っているかのような大本営発表を続け、
欲しがりません勝つまでは、、みたいな、
政府の掲げるスローガンに国民は煽動され、批判は許されない風潮となり、
気がついてみれば、一億玉砕、神風特攻の無責任な神頼み状態に陥ってしまった。
、、、。

戦後、半世紀以上たっても、未だに繰返される、
センチメンタルな戦争の回想番組。
戦争は悪かった~。悲惨だった~。で、
他の思考を封じる堂々巡りのパターンの中では
黙祷など何回繰り返しても、望む未来にはつながるまい。

子孫の私たちは何を学ぶべきだろうか?

日本人は真面目で勤勉で、あらそいを避け、和を大切にする民族性といわれる。
良く言えば情に厚く、悪く言えば、流されやすいといったところだろうか。
はっきり主張する外人からみれば、不可解な民族に映るであろう。
このはっきり物を言わず、流されやすいといった傾向が悪い方向に進むと、
現実から目をそらす表層的な軽い思考となり、閉塞的な社会となり、
責任の所在があいまいとなり、いきつくところまでいってしまう危険があるということだ。
海外の国のように、暴動をおこすようなメンタリティーもなく、
権力側にしてみれば、とっても都合の良い人々ということになる。

日本人は、流行りの言葉の単一スローガンに煽動されやすい。
問題の本質を深く考えようとせず、印象で、何も考えずに楽な方を選んでしまう。
思考材料のほとんどをTVで占めている人間はなおさらだ。
実際、「郵政民営化」の小泉では「B層」をねらえと揶揄されたのだ。
事実、TVはもともと洗脳装置として、A級戦犯(特高警察)だった正力松太郎を、
アメリカが工作員として作らせたものだ。

日本人は茹でられたカエルのようだと評されている。
自分に直接、被害が及ばないうちは、目先の生活や享楽に耽っている。
気がついたときには、、。

日本人は、あの戦争から何も変わっていない気がする。

311後、「復興のためにがんばろう」という気運になっているが、
原発事故、汚染の収束なくして、復興などありえるだろうか?
これまでの延長の目先の生活のために、厳しい現実に目をそらし、
子供を犠牲にして、日本の復興などありえるだろうか?

未だに安全神話を創ろうとする感覚ってなんだ?
復興宣言のためのオリンピック招致?意味不明だ。
食べて被災地を応援する、、の感覚も微妙だ。
何か的外れなことに大きな声をあげているような気がする。
根拠不明の「神話」を醸成しつつしていないか?

現実は逆の方向に進んでいると思う。
自己改革のできない民族の行く末は恐ろしい。

あいかわらず垂れ流されるくだらないバラエティ番組や、
幼稚で卑しいAKBや韓流ブーム、、。

こういうことを言うと、堅苦しい奴だと煙たがれそうだが、
この民族性のなせる風潮の結果が、先の大戦の悲惨な結果につながったのではないか?
いきつくところまでいってしまうを繰返すサイクルの本質に気づくこと。
これが私たちが学ぶべきことではないだろうか?


今年の1月14日から15日にかけて、諏訪大社の近くにある、
春宮神社で、一年の世相を占う神事があった。つつがゆ神事という。
その結果はとんでもないもので、「三分五厘」というものだったという。
これは三くだり半ということで、「主に断たれる」ということだそうだ。
宮司によれば、春先にとんでもないことが起きると言われた。その結果は、、。
またNHKの放送終了に見られる、日の丸の国旗がはためく映像の国旗は、出雲大社のものだが、
それがまっ二つに裂けたという。出雲大社の主催神は須佐之男命で、黄泉の国の神だ。
出雲大社、諏訪大社をまっすぐに結ぶ直線上の東には鹿島神宮がある。
地震を抑える要石がある神社だ。この三社全てで「凶」が出ていたという。
無責任な神頼みを続ける懲りない民に、神はとうとう愛想を尽かしたのだろうか?















2011.06
30
Category : 未分類

6/28日は、連れがムーミンにはまっているので、
飯能のあけぼの子供の森公園とういうところのムーミン村に行きました。
予想外によくできていて、感動しました。こんな家で住みたいと思いましたね。
モノクロペン画の、ちょっと怖い感じのメルヘンな絵がとてもいい。
私もはまったかも?

連れがムーミンにはまるのはいいのですが、
体型がムーミン型にはまるのはさけてほしいですな、。


あけぼの子供の森公園2 


あけぼの子供の森公園3
 

あけぼの子供の森公園4
 

あけぼの子供の森公園5
 

あけぼの子供の森公園6
 

あけぼの子供の森公園7

あけぼの子供の森公園1 

あけぼの子供の森公園8
 

あけぼの子供の森公園9

あけぼの子供の森公園10 

あけぼの子供の森公園11
 

あけぼの子供の森公園12
 

あけぼの子供の森公園13

あけぼの子供の森公園14

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。